木村清

すしざんまい木村清

1952年(昭和27年)4月19日 
千葉県東葛飾郡関宿町木間ヶ瀬(現野田市)出身
1968年(昭和43年) パイロットを志し、15才で航空自衛隊第4術科学校生徒隊に入隊
1972年(昭和47年) 中央大学法学部(通信制)入学。
1974年(昭和49年) 5年9ヶ月で航空自衛隊退官。弁護士を目指し、司法試験にチャレンジ。
在学中のアルバイトから水産の世界に入り、水産や食材に深い興味を持ち、大洋漁業(現マルハニチロHD)の子会社に入社。すしネタや弁当屋、食品などの開発・販売に携わる。
1979年(昭和54年) それまでの経験と知識を活かし、27歳で喜代村の前進となる「木村商店」(9月)創業。 同年3月、中央大学法学部(通信制)卒業。
1985年(昭和60年) 9月、株式会社喜代村設立。それまで多角化してきた事業を「水産食品」「弁当」「寿司」「商品開発」の4部門に絞って経営。お弁当・寿司ネタなどの開発・製造・販売、世界各国の海産物の輸入・販売、ガリの製造から本マグロの漁獲販売までを行なう。この他にもカラオケボックスやレンタルビデオ店、コンビニなども経営。手がけた業種業態は80以上に及ぶ。
2001年(平成13年) 4月、築地場外に日本初の年中無休、24時間営業の寿司店『すしざんまい本店』を開店。以後、東京都内中心に「すしざんまい」を次々オープン。
2010年(平成22年) 4月12日、九州・福岡に初の「すしざんまい天神店」オープン。以降、北海道、大阪、九州、名古屋、神戸、京都、仙台など全国の地方都市に新規出店。
2016年(平成28年) 4月19日、自身初の著書「マグロ大王 木村 清 ダメだと思った時が夜明け前」を講談社から刊行。
2019年(平成31年) 6月24日「すしざんまい匠 赤坂店」オープン。
2020年(令和2年) 9月17日「すしざんまい匠・極北新地店」オープン。

現在、関東に43店舗、九州に5店舗、北海道に2店舗、関西に4店舗、愛知・名古屋に1店舗、宮城・仙台に1店舗の計56店舗を展開。また、築地場外市場に鮮魚店を直営する他、魚介類をはじめとした食材の輸入・製造卸・販売等の水産食品事業も手掛けている。さらに、近年は、アジアやアフリカ、南太平洋諸国などの発展途上国への漁業支援なども手掛けている。

  • 現在、商品はございません。

ITEM SEARCH

講師

トリニティサロン

    『龍の日』イベント

    ヒーリングサロン

    癒しフェアin池田山

    ランキング

    page top