福田カレン

1969年生まれの牡牛座。メタ栄養学研究者、通訳者・翻訳家、フルーツ・オブ・エデン主宰。10年来のフルータリアン。

学習院女子短期大学卒業後証券会社に就職。退職後ニューヨーク州マンハッタンの現地企業にて就業。5年ほど滞在する間に911を経験する。

日本への帰国後、通翻訳者としてのキャリアをスタート。三菱東京UFJ銀行、三菱東京UFJ信託銀行ロンドン支店、東京都民銀行、新生銀行、青空銀行、じぶん銀行などの大手銀行や、日本IBM、マイクロソフト、アクセンチュアなどのITコンサルティングファームでの通翻訳者を歴任。

慢性的な体調不良と鬱に悩まされていた30代後半の頃、子宮筋腫と子宮頸がんが見つかり、食生活を根本から見直すことを決意。アメリカとイギリスでオルタナティブ栄養学を学ぶ中でフルータリアン栄養学に出会い、資格取得。ファスティングやジュースクレンズと組み合わせたデトックス法を実践し、体調不良、鬱、中年太りを解消(3か月で体脂肪率25%→15%)。以来フルータリアンスタイルの食事法を継続中。

食からのアプローチによってデトックスが進むにつれ、宇宙的な感覚が開く。友人たちからさまざまな相談を受けるようにったことから、個人セッションを開始。食べものとの付き合い方や人生に関する悩みを持つ方々をサポートしている。

ITEM SEARCH

トリニティサロン

講師

ヒーリングサロン

癒しフェアin池田山

ランキング

page top