【録画販売】並木良和【心の病/依存/極端思考/エンパスを解説&レスキュー】ゲストに作家ペクセヒ

【録画販売】並木良和【心の病/依存/極端思考/エンパスを解説&レスキュー】ゲストに作家ペクセヒ

【録画販売】統合の第一人者の並木良和さんがメンタルの不調をレスキューする待望の講座。ゲストに、『死にたいけどトッポッキは食べたい』の著者ペク・セヒさんをお迎えし、「心の病」を深堀。ペクさんの講演テーマは「私の心の陰、憂鬱について」。並木さんが心の問題をスピリチュアルな観点から紐解きます。依存と相互依存、鬱etc。日本人に多いエンパスとは? トラウマの解除など具体的なセミナーとヒーリングワークです

販売価格/

7,800円 税込

購入個数/

並木良和11月20日開催オンラインセミナー
 


【録画販売】11/20に開催いたしました講座の録画販売となります。


  


精神的不調はどうして起こってしまうのか?その癒し方


日本は、人口当たりの精神科病床数が世界一多い国。そのうえ、長引くコロナ禍の影響により、心に何かしらの傷を負ってしまったり、将来への不安や怖れを抱く人たちが、今、多く存在しています。こうしたネガティブな感情で集合意識が形成されてしまえば、健康な人の心まで悪影響を及ぼしかねません。
 
そこで今回、精神的不調を抱え通院中でもある韓国の作家ペク・セヒさんと並木良和さんによる、誰にとっても他人事ではない「心の問題」をテーマにした、スペシャルコラボ講演&ワークを緊急開催させていただくことが決定いたしました。
 
自責の念の強い人、自分らしさとは何か悩み模索中の方、多かれ少なかれもっと心が健康だったら!と思う人は多いはずです。また、周囲にそうした精神不調に悩まされている人がいるかもしれません。リアルなお話を聞くことで深い洞察を得るかもしれません。
 
ちなみにペクさんの著書は、世界的人気グループBTSのリーダー、RMの枕元にこの本が置いてあったなど、多くの芸能人やインフルエンサーにも読まれたことで知られています。


<スペシャル・コラボ講演&ワークの内容>


ペク・セヒさん講演会「私の心の陰、憂鬱について」
 
普通の人のように会社に勤め、恋人もいるペクさん。一見、何不自由なさそうなのですが、しかし、その著書を読むと、両極端に振れる考え、美醜への執着、怒りで一杯になる心……。実は心には深い闇を抱えていて、ふとした瞬間に自殺への衝動が湧いてしまう。ペクさんは心の闇をどう捉え、克服しつつあるのか、体験がぎっしりと詰まった講演です。
 
並木良和さん講義&ヒーリングワーク「共依存と依存/両極端から中庸への統合/エンパスとHSP(ハイリ―センシティブパーソン)」他
 
並木さんには、ペクさんの本に出てくるキーワード「共依存・依存体質」「両極端な思考体質」そして日本人に多い「エンパス、HSP」などをテーマで講演&ワークを行っていただきます。もちろん、ペクさんの講演を受けたうえで、さらに違うお話をされる可能性もあります。


<並木良和さんからのメッセージ>


「ありのままでいることの大切さ」

精神的に乱れてしまい、それを自分ではどうにもコントロールできない、そういう人が、今とても多くいらっしゃると感じられるんですね。またこれは、誰でも成り得ることなので、そうした状況にどう向き合っていくのか、どう対処していくのかを、今回のセミナー&ワークで知っておくのは、とても役立つと思います。

ペク・セヒさんとはまだお会いしていませんが、自分のいい面も悪い面も「それが私だから」と、そのまま受け止められる潔さを持っていらっしゃるな、と感じるんです。そして、そういう在り方がとても大事なんですね。

弱いところを見せないようにしようとか、強がってみたり、本当に感じていることを否定したり、そうしたことが不健全さを呼び込んでしまうきっかけになるわけですね。そして心身に不調をきたしてしまう。なので、飾ったりしないで「ありのままでいること」は大切なキーワードですので、こういうことについても時間があれば皆さんにはもちろん、ペクさんともお話ししてみたいですね。

「日本人の40%がエンパス?! 実はエンパス能力は大切な力」

日本人の40%がエンパスの資質を持っている、と僕は感じています。エンパスの人には大きく二つタイプがあって、自分軸がしっかりとしたエンパスと、自分軸がぶれやすいエンパスに分かれます。特に後者のタイプですと、ネガティブな影響も受けてしまいますので、今回のワークでは、「自分軸をしっかりさせてネガティブな影響を受けない」ように導いていきたいと思っています。また、このエンパスという能力は場の空気を読んだり、人と上手に付き合うための能力でもあったりするので、HSPと共に、十分にお話しをしていきます。

主催者より:以下参考になさってください。
<共依存・エンパス・HSPとは?>
「共依存(Co-Dependency)」とは、自分と特定の相手が互いに過剰に依存し合い、その関係性に囚われている状態のことであり、自分自身に焦点があたっていない状態のこと。その結果、自分の価値を、周囲の基準だけを頼りに判断する/自分がどうしたいかではなく、周囲の期待に応えることだけに必死/他人の問題を解決することに、いつも一生けんめい/相手の行動をコントロールしたい欲求にかられる、等の問題に直面することになる。

「エンパス(empath)」とは、「エンパシー(empathy)=共感、感情移入の力」とも呼ばれる、「共感力、共感力の高い人」のこと。過度に共感力が高くなると、腹痛の人がいれば自分も腹痛になったり(身体エンパス)、うつの人がそばにいれば自分もうつ状態になる(感情エンパス)。周囲や社会からの身体や感情への影響を受けやすいため、自らの行動に制限をかけてしまうこともある。

「HSP(Highly Sensitive Personハイリー・センシティブ・パーソン)」は、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質をもった人」のこと。場や人の空気を深く読み取りすぎて、必要以上に疲れてしまったり、外部からの刺激に敏感なため、人混みや物音・光、食べ物の味やにおい、身につけるもの、気候の変化、人が発するエネルギー等、五感で受ける刺激に対して過度に反応する傾向がある。
 


こんな方におススメ


・精神的疾患でお悩みの方
・なんとなく精神に不調をきたしている方
・家族や知人にメンタルの問題がある方
・エンパスの方
・HSPの方
・ナイーブな方
・自立していきたい方
・自分を大切に生きていきたい方
・統合して目覚めて生きたい方
・人や周りの環境に影響されやすい方
・自分軸をしっかりと持ちたい方


<タイムスケジュール>


※より良い時間を過ごすため、臨機応変に変更することがございますことを予めご了承ください。


14:30~開始
MCからの挨拶と両先生の紹介
並木さんからのご挨拶
ペク・セヒさんからの挨拶

14:35~15:35
ペク・セヒさん講演会 「私の心の陰、憂鬱について」

15:35~15:50
休憩

15:50~16:20
並木さんとペクさんとの対談。もしくは、ペクさんのお話を受けての並木さんによる解説やメッセージ(変更になる場合もございます)

16:20~17:20
並木さんレクチャー&ワーク
共依存と依存/極端な怒りや嫉妬などから中庸への統合/日本人に多いエンパスとHSPについて、それぞれ講義と必要に応じてヒーリングワークなど実施

17:20~18:00
参加者から両先生への質疑応答

18:00 終了

 
質疑応答に関して


本開催ではより皆様のお悩みに寄り添うため、質疑応答の時間を40分程設けております。当日はご参加できず録画をご視聴いただく方は、事前にご質問をお寄せください。また、リアル参加できます方は、当日のお話を聞いていただいたうえで、質疑応答のお時間になりましたら、チャットより質問をお寄せください。これまでも並木さんは「誰かの質問は、どこか自分に重なったり参考になったりするので実は重要です」と仰っておりました。
また、質問は個人的な質問より、本セミナーの内容に沿った質問をより多くチョイスさせていただくことになりますことご了承ください。※個人的な質問の場合、皆さんにも共通するような書き方で書いて下さいますと読み上げやすいです。


並木良和プロフィール
並木良和


「本当の自分」に一致して生きるための「統合(LDLA)」を伝え、本来の人間が持っている能力や生き方、そして目醒めた状態で人生を謳歌する「在り方」を、自らの体験を通して国内外を問わず世界に教示している。
今や、即日満席となる講義やワークショップ。抜群のわかりやすさとその「人間性」から大勢の人を魅了し、師事を熱望する人が急上昇している。
現在は、人種、宗教、男女の垣根を越えて「目醒め」の招待状を届ける活動と共に、高次の叡智に繋がり宇宙の真理や本質である「愛と調和」を世界中に広めるニューリーダーとして、ワークショップ、セミナー、スクール等の開催を活発に行っている。
著書に「みんな誰もが神様だった」「あの世がしかける、この世ゲーム」「目醒めへのファイナルメッセージ」他があり(いずれもベストセラー)、執筆活動と同時に、YouTube、アメブロ、DMMオンラインサロン等のネット世界でも活躍の場を広げている。
 


【ペク・セヒ(백세희)/プロフィール】



1990年ソウル生まれ 文芸創作学科を卒業後、出版社で5年間勤務する。10年以上気分変調症(軽度のうつ病)と不安障害を患い、精神科を転々とし、2017年に自分に合う病院を見つけ、薬物治療とカウンセリング治療を並行している。 本を読み 文を書き、そして、一番好きな食べ物はトッポッキ。 自分の心の治療に専念するくらい動物の権利についても関心が高い。


著書
2018. 6 <死にたいけどトッポッキは食べたい>/2019. 4 <私たち、独立出版2>(共著)/2019. 5 <死にたいけどトッポッキは食べたい2>/2019. 10 <相違ない愛と自由>(共著)/2020. 3 <身体の言葉>(共著)

●日韓累計50万部突破!
日本語版『死にたいけどトッポッキは食べたい』(光文社)



【開催概要】


  開催日

 2021年11月20日(土) 開催を終了いたしました。

  参加費(税込)  

 7,800円(税込)

  備考  

 【録画販売】の商品となります。 


下記録画データについてを読んでいただけますようお願い致します。


購入日時に関わらず、視聴期限の延長が御座いません。

  主催・企画

  株式会社エルアウラ・オフィス並木/企画:合同会社neo


 


【録画データについて】
◆録画データお届け日
開催後、お申込者様全員に録画データを11月23日(火)19時にメールにてお送りいたします。
視聴期間の延長は承れませんので、11月23日(火)19時以降、録画データが確認できない場合、大変お手数ですがメール(info@el-aura.com)にて「件名:11/20開催録画再送信希望」とご連絡を頂けますようお願い致します。再送信をさせて頂きます。

◆視聴期限
録画データの視聴期間は11月30日(火)まで。

◆その他注意事項
本録画動画を録画すること、第三者への公開、インターネット、SNSなどへの公開は禁止とさせていただきます。あくまでも視聴期間内に参加者様自身の学びや復習のためにお使いください。配信映像(音声含む)は著作権法などの諸法令により保護されており、一切の権利は主催者が有します。商用利用・私的使用を問わず、配信映像の撮影・録音・録画、および宣伝行為は一切禁止しております。無断転載・共有を行った場合、法的責任を問われる場合がございます。マナーを守ってお楽しみください。
☆★☆【重要/お申込み前に一読ください】☆★☆

■セミナー内容は一部変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

■お申込み確認、チケット、録画データ、ウェビナー参加リンク先のお知らせはお申込み時にご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします。(※代引きでのお申込みの方のみチケットは郵送。)携帯電話のメールアドレスをご登録希望のお客様でドメインの指定受信などを設定されている場合は、恐れ入りますが、お申込み前に「@el-aura.com」と「no-reply@zoom.us 」からのメールの受信を許可していただきますよう、必ず設定変更をお願いいたします。

5分以内にお申込み確認メールをが自動で配信されます。登録したメールアドレスにメールが届かないなどの不具合が生じた場合には、恐れ入りますが「お問い合わせフォーム」よりお申し出ください。

<イベントについてのキャンセル規定(全てご確認の上、お申込み下さい)>
【お申込み確定日について】
●クレジット決済・銀行振込・代引き全て、お申込みを頂いた時点でお申込み確定と致します。 ただし、個人カウンセリング等のお申込み枠が限定的な商品に限り、銀行振込及び代引きでお申込みされた方は、ご入金確認後にお申込み確定とさせて頂きます。

 ■ご注意・キャンセル規定
 【セミナー、ワークショップ、講座、スクール、講演会のキャンセル規定】
●お申込み確定日からキャンセル料金は参加料の100%
●開催4日前(開催当日を含まず)以前のお申込みでお客様のお申込みに誤りがあった場合に限り、お申込み日の翌日18:00までキャンセルを受付致します。
ご連絡は必ずメール(info@el-aura.com)にてお願い致します。
●録画視聴を対応しているイベントはご入金確認後、録画データをメールいたします。視聴期限の延長は承れませんので予めご了承ください。

【個人カウンセリングのキャンセル規定】
●お申込み確定日〜開催4日前(開催当日を含まず): キャンセル料金は参加料の100%
●開催3日前(開催当日を含まず)〜開催当日のお申込み:ご入金の有無に関わらずキャンセル料金は参加料の100%
●開催4日前(開催当日を含まず)以前のお申込みでお客様のお申込みに誤りがあった場合に限り、お申込み日の翌日18:00までキャンセルを受付致します。
ご連絡は必ずメール(info@el-aura.com)にてお願い致します。

【録画販売】並木良和【心の病/依存/極端思考/エンパスを解説&レスキュー】ゲストに作家ペクセヒ

【録画販売】統合の第一人者の並木良和さんがメンタルの不調をレスキューする待望の講座。ゲストに、『死にたいけどトッポッキは食べたい』の著者ペク・セヒさんをお迎えし、「心の病」を深堀。ペクさんの講演テーマは「私の心の陰、憂鬱について」。並木さんが心の問題をスピリチュアルな観点から紐解きます。依存と相互依存、鬱etc。日本人に多いエンパスとは? トラウマの解除など具体的なセミナーとヒーリングワークです

販売価格/

7,800円(税込)

購入個数/

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品レビューを書く

講師

ライオンズゲート

こころとからだのセルフケアエキスポ

『龍の日』イベント

トリニティサロン

    ヒーリングサロン

    page top