氷室奈美

氷室 奈美(ひむろ なみ)
 
幼少の頃より、様々な神秘体験を経験し、中学生の頃からタロット占いを始める。 21歳の時、朝日ソノラマ(当時)発行の少女ホラー漫画誌『ハロウィン』主催、楳図かずお賞佳作『READER(カード占い師)』で漫画家デビュー。
 
占いや精神世界をテーマにした漫画連載を数多く発表。代表作は『タロットウォーズ』。 (現在、集英社(ホーム社)漫画文庫から1~5巻の漫画文庫本になって発売中)
また、そのかたわら老舗のダイヤル占い会社「メビウス」にも勤続10年で数千人を鑑定する。スピリチュアルイベントとは取材漫画を描く立場から関わり出展 し始める。タロット占い中に透視するものを絵に描き始めると、イベントは数分でご予約満員御礼、「透視画鑑定」を開始する。以降、日本各地のスピリチュア ルサロンや寺社などから出張鑑定の依頼や、中国やインドを始めとした海外からの招待にも応えている。
また、今年2016年1月20日、朝日新聞出版発行少女ホラー誌『HONKOWA(旧・ほんとにあった怖い話)』の特別編集単行本『パワースポットの歩き 方 スペシャリストに聞く聖地のヒミツ』が発売され、この本にロングインタビューと趣味の写真を提供している。(1月現在、旅行部門でベストセラーとなってい る)
 
氷室奈美ホームページはこちら>>

ITEM SEARCH

page top